スタートアップ講座

【スタートアップ講座】ロボット作りの基本を学ぼう【ベーシックコース】

1日目:基本製作

内容


ロボットで使用するパーツやその付け方・外し方などを学び、三輪車ロボットを作成します!1日目は土台の部分で、人の部分は2日目の製作範囲です!

作成時の注意点

似ているパーツに注意しよう!


まだパーツの名前を覚えていない段階なので、パーツ集めに苦労すると思います。
パーツの名前を覚えているのと覚えていないのでは、後々の作成スピードに大きく差が出るので、種類が多くて大変だとは思いますが、頑張って覚えましょう^^
特に似ているパーツは、気をつけて探してください。

似ているパーツに注意しよう!
間違えるとロボットが動かないこともあり、その場合は分解して作り直すことになってしまいます…
完成したロボットで友だちと遊ぶ時間を確保するためにも、しっかりと見てパーツを集めましょう!

学習内容

① パーツの特徴を学ぼう

ひとつずつのパーツには特徴があります。その特徴を知っておけば、発想のヒントになるので、改造する際にとても役に立ちます!
最初はどのパーツになんのパーツがつけられるかなどから、学んでいきましょう!
それぞれのパーツがどういった動きや見た目に適しているかわかると再現の幅が広がりますよ!

② ギアの仕組みを学ぼう

1日目の三輪車ロボットは手動のロボットですが、2日目以降に作成するロボットは全て自動で走るロボットです!
全てのロボットは、モーターとギアによって動くという点で共通しています。
今回は、その重要なギアについて学びます。
これをマスターできると、ロボットの動くスピードを調節できるようになります。
最初からマスターすることは難しいですが、少しずつ学んでいきましょう。

2日目:応用実践

内容


三輪車ロボットの完成!はじめての動く「ロボットカー」の作成です!

作成時の注意点

ロボットの動きは変じゃない?

三輪車ロボットは人の動きを再現しています。
手足がきちんと人と同じように動いているか確認しましょう。
たまに、人ではありえない方向に手足が曲がっていることがあります…^^;
しっかり組み立てないとパーツに負荷がかかってしまい、激しく消耗する場合もあるので、注意しましょう!

ロボットの心臓『モーター』について


動くロボットを作るためには、必ず『モーター』が必要になります。
今後ロボット教室の授業では必ず使用するパーツですので、コードを引っ張ったりせず、大切に扱いましょう。

早速プライマリーコースのスタートアップ講座の2日目でモーターを取り付けて、ギアが動き→ロボット全体が動くことを体感してもらいます!
ギアとモーターを組み合わせたところで、よく「ギアが動かなくなっちゃった…」と心配する生徒たちがいます。実はその状態こそが正解です。
1日目の『ギアについて みてみよう』では、ギアとギアがしっかりと噛み合ったら動くと説明はしていますが、モーターと噛み合わせた時は違います。
ギアとモーターにきっちりと噛み合っているとき、電源を入れるまでギアは動きません。
(↑の写真はギアとモーターがしっかり噛み合っている状態です!)
むしろ動いてしまっている場合は、きちんと噛み合っていない証拠で、作り直しが必要になります!

モーターとギアを取り付けた場合は、ギアが動かないことを確認しましょう!
動いていなければバッチリ!

学習内容

ロボットの動かし方について

ロボットは、ただ「動く」「止まる」だけではありません。
スイッチのスライド方向によって、「前進」と「後退」のように反対に動くことができます!
さらに、二つのタッチセンサーを使用し、電力の制御を行います。
ミドルコース以上では、さらに多くの動かし方を学んでいきます!

改造例をご紹介!

ロボットの動く城


テキストにも何個か車をもとにした改造例はありますが、今回は少し趣向を変えて改造してみました!
『ロボットの動く城』です!!!
和風ですが、ネーミングはジ○リの『ハ○ルの動く城』から(笑)
普通は正面からみた改造が多いですが、今回はロボットを横から見るように改造をしてみました!
そして元々は車のロボットでしたが、車ではなくお城のロボットに変えてみました!
自由な発想力を育みたいので、ロボットの改造は種類を変えることももちろん自由です!
少し見方を変えて改造に取り組めば、お友達とは違ったオリジナルの改造ロボットを作成することができます!
どんどん自分の好きなように改造してみてください^^